先生

「先生」時々ふたりの子供をそう呼ぶ。子供の頃は先生という存在も先生という言葉も大嫌いだった。「先生」今はその言葉が自然と出てくる。きっとそれは自分にないものを持っているからだと思う。知識ではなく想像力。今日もふたりの先生がついてくる。

| がくや | comments(0) |