男の帽子は猫の耳



真っ赤なルーマニアの布に遺影と題した男の刺繍を頼まれた。
ルーマニアの民家では壁一面に自慢の絵皿を飾り
その上に手織りの布を掛ける風習がある。
長さは様々だが、頼まれたその赤い布は妻の背丈ほどあった。

長い布に男の顔ひとつでは間が持たないと思いつつも
進めないことには...と男の帽子から針を刺していく。
これまで頼まれたものを刺繍したことがなかったので
緊張感からか、勢いが足りなくて線が固くなってしまう。
いつもの帽子がルーマニアの市場で買った帽子だとしたら
頼まれて刺した帽子はイギリスの老舗の帽子のような佇まい。
このまま刺していったら表情まで固くなってしまうと思い
帽子だけ刺繍したところで手が止まった。

「あっパパの帽子だ!」アトリエに来た息子がそう言うと
「えっ猫の耳だよ!」兄と違う答えを言いたがる娘が続く。
無邪気なふたりから着想を得て、その場ですぐに描きとめる。
男と猫とその間の生き物。

それから一日中赤い布と向き合う日々が始まった。
以前、制作した”黒けもの”も”黒ばけもの”も
一つの命について考えて生まれた物語だが
それを一枚の布で表現できると思ったら
針を持つ手が止まらなくなった。
頼んでもいない猫と何とも言えない生き物の刺繍があったら
依頼主が動揺するかもしれない...と思ったが
手を止めることはできなかった。

真っ赤な布に三つの黒い顔が浮かぶ。
いつも生成りの生地に刺していたからか
この刺繍が終わった時には心底ほっとした。
血のような赤い布をふた月もの間見続けることは
もの凄いエネルギーがいることだった。
それでも人間じみたルーマニアの人々と戯れているようで
彼の地が恋しくなった。

その布を三つに畳んで入れられる箱を探していると
古道具屋の友人がぴったりのガラスの箱を譲ってくれた。
その箱に入れる時には男と猫とその間の生き物の顔が重なる。
男の遺影の裏に二つの顔が隠れる。またその逆もある。
姿は違えど箱の中には一つの命が眠っている。
人間と動物に境界線はない。
男の帽子は猫の耳。



photo by : kentaro shibuya

text by : tetsuya

| 日々のこと | comments(0) |