ブランカとギター弾き

土曜日の朝、車を飛ばして東京へと向かう。
「上映始まっていますがよろしいですか?」
チケット売り場でそう訊かれたので
「やっぱりやめときます」と答えた。
「たった一分だよ。まだ大丈夫でしょ」
と後ろで息を切らした妻が驚いた表情をしている。
「せっかく映画を観に来たのに一分遅れただけで帰るの?」
一日一回の上映なので妻が怪訝な顔をするのも仕方ないが
「その一分を無駄にしたくないんだよ」
そう答えて映画館を後にした。

日曜日の朝八時半、銀座の駐車場でしばし煙草を吸う。
「上映の一時間半も前に着いてどうするつもりなの?」
どこの店も開いていない静かな都会の真ん中で妻は呆れている。
二日続けて同じ場所に来ることになるとは思っていなかったが
それくらいこの映画に惹き付けられていた。
目的もなく気になる道をふらふらと散歩してから
ナッツとビールを買い込んで一番後ろの席に付く。
「なんか生まれて初めて映画を観る人みたいだよ」
どことなく緊張している私を見て隣で妻が笑っている。

物乞いをして暮らす少女が盲目のギター弾きにお金を投げる。
しかしある時には盲目のギター弾きからお金を盗ろうとする。
「前はお金をくれたのに今度は盗るのかい?
 明日の朝食代くらいは残しておいてくれよ」
ギター弾きは少女にただ優しく声を掛ける。
そんな冒頭のストーリーだけで感動していた。
映像美も然ることながら台詞ひとつひとつが胸に響いてくる。
『ブランカとギター弾き』はスラム街を舞台にした映画で
出演者の大半は路上やゴミの山で出会った人々だという。
リアルな光景だからこそ心が揺さぶられるのかもしれない。
きっと長谷井宏紀監督はこの街を心から愛しているのだろう。

ルーマニアでよく遊んだジプシーの子供たちを思い出していた。
彼らは盗みや物乞いもするが、分け与えることも知っている。
「腹は減ってないか?」とお金も無いくせに心配してくれる。
畑から盗んできたネギやトマトを得意気に分けてくれ
お金がある時にはバーでビールまで奢ってくれる。
もちろんお金や指輪を盗られそうになった時には本気で怒るが
一切悪びれることなく、無邪気に笑っている彼らを見ていると
お金を盗ることよりも、お金ごときで慌てている私の姿を見て
楽しんでいるのではないかと思えてくる。
「お前はそんなにお金が大事なのか?」
そう問われているような気がしてくる。
「なんでリンゴは分けられるのにお金は分けられないんだろう」
ジプシーを追っている写真家がそんな事を口にしていたが
彼らと時間を共にしているとその言葉が身に沁みる。
お金がある方が幸せに生きられるのかもしれないが
お金がなくても幸せに生きられるはずだ。

映画に出てくる孤児の少女はお金を稼ぎ母親を買おうとするが
ギター弾きと歌いながら旅をしているうちに深い絆で結ばれ
お金なんかでは買うことのできない愛情があることを知る。
ふたりして大きなリボンのカチューシャを頭に乗せて
嬉しそうにピンク色のわたあめを食べるシーンなんて
愛に満ち溢れていて一瞬で幸せな気持ちにさせられる。

映画館を出るなり、預けていた子供たちを急いで迎えに行くと
リンゴ飴で真っ赤にした口で走り寄ってきた。
大きくなったふたりの子供を両腕で抱き上げながら
早くこの子たちを連れてどこかへ旅に出たいなと考えていた。
いつか映画の舞台であるマニラのスラム街も一緒に歩けるかな。

text by : tetsuya

| 日々のこと | comments(0) |