岩井さんタクロース

「岩井さんからはお金もらわなくていいよね」
頼まれものを届けに行く車中、後ろの妻に話しかけたら
「それは当たり前。当たり前の話でしょうよ」
と息子の口からもっともらしい答えが返ってきた。
その真剣な眼差しに、思わず笑ってしまった。

岩井さんは私の友人というよりも
楽弥の友人という方が正しいのかもしれない。
いつも彼の古道具屋に行くと、挨拶もそこそこに
「ちょっと楽弥と出掛けてくるね。店番よろしく」
とふたりはバイクに跨がり、轟音と共に颯爽と姿を消す。
仲良く両手に袋を提げて、浮かれた表情で戻ってくると
アイスクリームやジュースやスナックをテーブルに広げる。
きっと楽弥が欲しがったものをすべて買ってくれたのだろう。
お礼を言おうとすると彼はさえぎるように言う。
「俺が食べたいだけだから」

誰かにこの古道具屋に連れて行ってと頼まれると複雑な気持ちになる。
教えたくないとか、そんな訳ではないのだけれど、考えてしまう。
あそこで過ごしている時間は夢でも見ているかのように心地良くて
そのせいか、跡形もなく消えてなくなってしまいそうな気がする。
訪れる度に感動させられるのに、何に感動したのかは憶えていない。
この言葉にできない魅力を感じてくれる人は果たしているのだろうか。
そんなことをぐるぐると、考えてしまう。

友人にどうしてもと言われて向かったことがある。
「行っても開いているかどうか分からないよ」と言うと
「電話したら」と当然のように返されるが、連絡はしない。
彼も私の家に来る時に連絡なんてしてこない。突然に現れる。
すべてはタイミングで、店が開いていたら会うべき時だし
開いていなければ、おそらく会うべき時ではないのだと思う。
不思議なことに誰かと行った時に開いていたためしがない。
友人には申し訳ないが、その度に妙にほっとする自分がいる。

年末に岩井さんが楽弥と希舟に内緒でクリスマスプレゼントをくれた。
日本製のブリキのロボットとぼろぼろのピノキオのぬいぐるみ。
どちらも枕元に置くのをためらうほどに年季が入っている。
楽弥は起きてすぐにロボットを見て大喜びしたが
何かを思い出したかのように急に表情が変わった。
「これずっと前から岩井さんの店にあったよ。あっ。分かった。
 サンタクロースが岩井さんの店で買ってきたんだよ。きっと」

岩井さんの膝の上でアイスクリームを頬張りながら高い所を指差して
「あのさ。サンタクロースがあそこにあったロボットをくれたんだよ」
楽弥が自慢げにそう言うと、彼は真顔で返した。
「違うよ。楽弥。俺がサンタクロースなんだよ」
彼がそう言うと本当にサンタクロースなのではないかと思ってしまう。
ここには値札のない数えきれないほどのおもちゃが転がっているし
クリスマスツリーは一年中色とりどりの明かりを放っている。
それに、あの顔、あの体、あの優しさ、あの雰囲気。
アイスクリームを持つ楽弥の手が止まった。

家に帰るなり、ピノキオのぬいぐるみを抱えて楽弥が飛んで来た。
「パパ。鼻が伸びてないから岩井さんは本物。
 本物のサンタクロースってことでしょうよ」
当のピノキオは自信なさげに首を傾げ
希舟はその細い鼻を握って笑っている。

text by : tetsuya

| 日々のこと | comments(0) |