黒い空

「誰が空に黒い絵の具をかけてるんだろうね?」
沈んでゆく夕陽を眺めて、息子はそう呟く。
そんな時、なんて幸せなんだろうと感じる。

私はいつも彼に教えてもらっている。
彼は私よりもずっと楽しい生き方を知っている。
彼は私よりもずっと正直に真っすぐ生きている。

蕎麦猪口におしっこをしたり
服を着たままお風呂に入ったり
生クリームを顔中に塗りたくったり
大好きなアイスをひとつ残らず買ってきたり...
叱ることを忘れ、つい笑ってしまうことばかりする。

蕎麦猪口におしっこをしたのは衝撃だったが
衝動を抑えるくらいなら思いのままにやれば良いと思う。
服の繊維が浮いた湯船に浸かりたくはないが
どんな気分なのか味わうのも良いと思う。
誕生ケーキに浮かれて生クリームだらけになれば良いし
真冬にアイスを食べて震えるのも良いと思う。
人生を楽しんでいる...それで良いと思う。

息子は嬉しい時に飛び跳ねる。
笑いながら何度も何度も飛び跳ねる。
息子は悲しい時に地面を踏みつける。
泣きじゃくり何度も何度も地面を踏みつける。
大人にはない表現が子供にはあり
子供にはない表現が大人にはある。
大人はたいてい恥ずかしがり屋なのか
飛び跳ねたり、地面を踏みつけたりしない。
それか的確な言葉を覚えていくにつれ
そういった表現を忘れてしまうのかもしれない。

「おとなしくしなさい」とは「大人しくしなさい」と書く。
無邪気な子供に大人のようにしなさいとはあまり言いたくない。
逆に大人に「子供らしくしなさい」と言ったらどうだろう。
きっと純粋な表現を取り戻すことなんてできない。
だから子供の一瞬一瞬の感情が愛おしいのだ。
子供といるとそんなことを考える。

最近、息子の塗り絵が真っ黒になった。
保育園から持ち帰った塗り絵を束にして
「パパにプレゼント」と言って渡してくれるが
どの塗り絵も黒い絵の具で塗りつぶされている。
これまで黒なんてほとんど使ったことがなかったのに...。
もしかしたら心の闇が表れているのかもしれないと心配したが
「これもこれも...ぜんぶ黒けものだよ」と嬉しそうにしている。
誕生祝いに渡した『黒けもの』の本を大切にしている息子は
黒けもので誰もが喜んでくれると勘違いしているようだ。

「冬はすぐに黒になっちゃうよね」
日が短くなり遊び足りない様子の息子は続ける。
「でもさ...星がいっぱい見えてさ...綺麗だよね」
空が黒くならなければ星は輝かない。
私はまた彼にひとつ教えてもらった。

text by : tetsuya

| 日々のこと | comments(0) |