鎌倉の終着点
私は雨が嫌いだ。
雨が降ると出掛けるのも嫌になって
家で丸1日、映画を観て過ごす事も少なくない。
しかし、鎌倉に出掛ける時だけは何故だか雨でも足が進む。
きっと雨が似合う土地なのだと思う。

今回の鎌倉も雨。今年1番の寒さ。
傘も持たずに出掛けた私はずぶ濡れで
靴の中は水たまり。帽子のつばにも水たまり。
こんな時、寒さに凍えながら飲むイワタ珈琲店の
”木蓮”という名のブランデーの香る珈琲は至福の味である。
もちろんホットケーキも忘れてはいけない。


イワタ珈琲店から鎌倉の1日は始まり、
いつも同じルートで同じものを食べてしまう。
そして鎌倉の終着点は、テロワールという小さなフランス料理店。
天然酵母のパン屋の2階にあり、
パン屋の奥の急な階段を登っていくと
”秘密の屋根裏部屋”といった趣きの店が現れる。


ここでは決まって鎌倉野菜の温野菜を注文する。
鮮やかな鎌倉野菜が大きめにカットされ、
世にも上品な味のソースがかかっている。
じゃがいも、にんじん、ブロッコリーに
皮付きのごぼう、里芋、かぶ、、、と色々。
この綺麗な色と優しい味にほっとさせられる。


フランス料理店というと構えてしまうところがあるけれど、
こじんまりとした気取らない店内は居心地よく、
料理も食べごたえがあってどれも本当に美味しい。
お酒も良質なものが揃っていて料理に合わせて選ぶのが楽しい。
出てくる料理やお酒にいちいち感動して、ひと口ごとに感心する。
乾かぬままの靴を気にしつつも鎌倉に来て良かったと実感した。

食事を済ませて表へ出ると辺り一面、真っ白になっていた。
いつの間にか雨から雪に変わっていて、
いつも見慣れている景色とは全く別の世界が広がっていた。
とても幻想的な夜だった。
この日は妻の誕生日。
いいプレゼントが出来たと勝手に満足している。

text by : tetsuya
| おでかけ | comments(0) |