夢のようなおやつ
夢のようなお菓子、日本でも見かけます。
探せばいくらでもあると思うのですが、
一番に思い浮かべるのは、ふかふかのホットケーキ。
お菓子というよりも”おやつ”と言う方が似合う。


何かとよく行く鎌倉の駅近くに、
イワタ珈琲店という老舗の喫茶店があります。
お店の前には行列ができています。
皆のお目当てはホットケーキ。


店の前で並んで待って、席に着いてからもその登場を待つ。
じっくり焼き上げ、順番に各テーブルに運ばれていく。
1日にどれくらい焼くんだろう?きっとすごい量だと思う。
かなりの厚みのある、2段重ねのホットケーキがやっと目の前に現れた。
かなりお腹が減っていないと、1人じゃ食べきれない。
2人で1枚ずつ取り分けて食べるのがちょうどいい。


お皿の端に添えられた角バターを余熱で溶かして、シロップをたっぷりかける。
この作業がホットケーキの醍醐味だと思う。
普通のホットケーキのふわふわ軽い食感じゃなくて、ここのはもっちり重みがある。
ホカホカの香ばしい粉の香りと、メープルシロップの濃厚な甘い香り。
とっても美味しい!これぞ、”夢のようなおやつ”!


お店の雰囲気も落ち着いていて、居心地がいい。
この後はどこに行こうか、じっくり計画を練られる。
太陽の光が充分に入る気持ちのいい中庭があり、
奥にはサンルームのようなガラス張りの席があります。
今度はそちらに座りたいなと思っています。


text by : yuki
| おでかけ | comments(0) |