お正月旅行


年が明けてから早ひと月、、、。
瞬く間に1月が過ぎていきました。早いものですね。
長らくいただいていたお正月休みには家族と旅行にも行ってきました。
行き先は、相模灘沿いを車で走り伊豆高原へ。

眼下に荒波が打ちつける城ヶ崎の門脇吊り橋や
ぼんやりした動物たちのいるバイオパークや
波打ち際にある粗い岩肌の露天風呂、黒根岩風呂など
空気の新鮮な伊豆をのんびりと楽しんできました。
天気に恵まれ要所で伊豆七島が眺められました。
 バイオパークの羊たち。

なかでも築250年の古い庄屋屋敷そのままの店
”山桃茶屋”はとても素敵なところでした。
もちもちした練り物に田楽味噌をかけた”へらへら餅”で有名な
美味しい山里料理のお店です。
まず駐車場の雨よけの梁にずらっとかかった切り干し大根に驚きました。
まるで暖簾のようで圧巻です。
そこからみかん畑を横目に見やると庄屋屋敷が見えてきます。
 
切り干し大根の暖簾。   庄屋屋敷らしい立派な造り。

濃いめのつゆの田舎うどんやさっくりと歯ごたえのよい天ぷら、
様々な種類の香の物などどれをとっても美味しいです。
この辺りにみかん畑が多いのはまわりを見回すだけでよく分かるのですが、
ここの店主さんも例に洩れずみかん畑をお持ちのようで
甘酸っぱいみかんや驚くほどさっぱりとして美味しい
透き通ったみかんジュースをサービスで出してくれました。
柑橘類のしゃっきりと目覚めるようなあの良い香りに囲まれているなんて
なんて幸せだろう〜と思いました。
 
いろりの脇で食べる食事は風情があっていい。

ここはお食事処だけでなく、お宿もあるそうで食後に辺りを散策してみました。
するとお店の裏山を少し登ったところにありました。
こじんまりとした平屋と離れのお風呂。
とても趣きがあって素敵な宿です。今度はこういう所に泊まってみたいな。
お店にあった大福帳には外国から来られた宿泊客の感想もありました。
チェコやドイツなど、自分が行った事のある国の人だとなおさら興味がわきます。
みんなこの食事や宿に感心しきりといった感じでした。
 
この小さな小屋が離れのお風呂。 もみじの紅葉もきれいでした。

それからお店の入り口には自家製の梅干しやらっきょうの瓶詰めが売られています。
すごく美味しそうなので、お土産に買い求めました。
これがまた素朴で美味しい!
 
こちらはお店の隣の土蔵造りの宿。 お座敷の柱には大福帳がぶら下がっている。

また行き当たりばったりののんびり旅をしたいなと思います。

text by : yuki
| おでかけ | comments(0) |