農夫の卵焼き


男は一人旅に疲れ果て、田舎町にある寂れた喫茶店に入った。
暗い店内に客は居らず、マスターが口を押さえて立っている。
薄気味悪い気がしたが、後戻りすることもできずに注文した。

丸めた原稿用紙を広げようとした瞬間にそれは出てきた。
目の前に現れたのはチキンライスだった。
「オムライスを注文したのですが...」
マスターは静かに振り返った。
「オムライスを注文したはず...」
遮るようにマスターは言った。
「オム・ライスをご存じですか」

男は面倒になり黙ってスプーンを口に運んだ。
チキンライスでもない。ケチャップライスだ。
「鶏肉もないのか...」
そう呟くとマスターは再び振り返り男に詰め寄った。
「オム・ライスをご存じないのですか」
男は固まってしまった。

「スペインの王様が旅の途中に空腹のあまり民家に立ち寄って
 食べるものはないかと尋ねたら農夫は朝穫れたばかりの卵で
 あっという間に湯気のあがった美味しい卵焼きを拵えました。
 その時に王様が発した『ケル・オム・レスト』
 日本語でいうところの『なんと手の早い男だ』という言葉が
 オム・レツの語源なのです。
 私は原稿用紙を広げるよりも早くオム・ライスを拵えました」
マスターは無表情でつらつらと話した。

「オムレツ...そもそも卵がないじゃないか」
男の言葉は宙に浮きマスターは慣れた口ぶりで話し続けた。

「その後、農夫はどうなったと思いますか。
 王様の城でずっと卵を焼き続けたんです。
 明くる日も明くる日も焼き続けたんです。
 あの日の朝、鶏が卵さえ生まなければ...」

マスターは少し頭が狂っているのかもしれないと思い
男は視線を逸らしてケチャップライスを黙々と食べた。
しかし頭の中ではマスターの言葉がぐるぐると回り続けていた。
もしかしたらマスターは農夫の生まれ変わりなのかもしれない。
だから卵にも鶏にも近づけなくなってしまったのかもしれない。
そんな妄想にどれだけ浸っていたのだろう...
いつの間にか目の前の皿は空になっていた。
男はようやく小説の題材を見つけられたと急いで店を後にした。

マスターは胸を撫で下ろすと床に飛び散った卵を片付け始めた。
厨房でチキンソテーを食べているところに来た数年ぶりの客に
慌てて卵を落として割ってしまったマスターは
自分のつくりばなしにひとりほくそ笑んでいた。

そして男はというと...苦悩の一人旅に終止符を打ち
あの日からずっと原稿用紙の前で背中を丸めている。

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(0) |

閏日の苺

丘の斜面に寝そべって男は考えていた。
2月29日は何のためにあるのだろう。
誰のためにあるのだろうと考えていた。

こんな風に空を見上げるためにあるのかもしれない。
何もせずぼんやり過ごすためにあるのかもしれない。
休む暇もない忙しい人のためにあるのかもしれない。
会えない人に会いに行くためにあるのかもしれない。
泣くことを忘れた人が涙を流す日なのかもしれない。
笑うことを知らない人が微笑む日なのかもしれない。
もしかしたら自分自身を罰する日なのかもしれない。
実のところ意味なんて何もなくてずっと昔に誰かが
間違えて作ってしまった余計な日なのかもしれない。
でもきっと何か意味があるはず......と考えているうちに日は暮れた。

男は起き上がると星空の下を慌てて走り出した。
街角に古くからあるケーキ屋で苺のショートケーキを4つ注文した。
持ち帰った紙箱を開けながら男は12年前のことを思い出していた。
その日も2月29日は何のためにあるのだろう......と考えていたが
どれだけ想い巡らせても答えなんて見つからず
愛しい人の手を引いてただ思いのままに走った。

閏日はあれから3回目の結婚記念日だった。
ショートケーキの苺はもうなくなっていた。

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(0) |

夜警の星空

いつもであれば街灯がともる時間になっても街はまだ暗闇に包まれていた。
この街で街灯をともすのは夜警の仕事なのだが、その夜警がまだ来ないのだ。
外は暗闇で何処へも出掛けられない。この街の住人は困ってしまった。
いつまで待っても来ない夜警に腹を立てた住人は
「酒でも飲んで忘れているんだろ」
「いびきをかいて寝ているんじゃないか」
「あいつには、もうこの街の夜警は任せられない」
とそれぞれ口々に文句を言いながら眠りについた。

その時、夜警は点火棒を持ちながら暗闇の街の中を歩いていた。
街灯の中の蝋燭を集めながら足音を殺して歩いていた。
大きなポケットは蝋燭でいっぱいになった。
全ての蝋燭が揃うと、1つずつ丁寧に火をつけた。
そして点灯棒を使って、それを空高く飛ばした。

真っ暗だった街が一変に明るくなり住人は目を覚ました。
そして空を見上げて驚いた。
「こんな満天の星空、今まで見た事ない」
誰も夜警の仕業だとは知らずに喜んだ。
しかし、一番喜んでいたのは夜警の幼い娘だった。

この日は大切な娘の誕生日だというのに、空には星1つ出ていなかった。
夜警がこの事に頭を悩ませていたのには、理由があった。
「誕生日には何が欲しい?」
と聞くと娘はこう答えたのだ。
「星空」

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(2) |

吊るされたブーツ
「また1足増えているわ」
「壊れたから捨てておいたのに」
「あんなに集めてどうするのかしら」
村人は揃って首を傾げた。

道に捨てられた、使い古されたブーツを拾い集める男がいた。
男の仕事は汚れたブーツを丁寧に磨きあげる事。
仕事といっても磨いたブーツを売る訳でも、
村人のブーツを磨いてお金を貰う訳でもない。
ただ黙々と捨てられたものを磨き続けた。

男は磨き終わるとそれを自慢げに家の外へ吊るした。
吊るされたブーツのどれもが生き生きとしていた。

「これだけあれば足りるかな」
男がひとり呟き眺めていると村人が聞きに来た。
「そのブーツ、一体どうするんだい」
男は遥か遠くを眺めて答えた。
「旅へ出るんだ」
そして続けた。
「ブーツがあればあるほど遠くまで歩けるだろう」



<8月19日より1年間、ヨーロッパへの旅の日程が決まりました>

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(0) |

作りかけのスープ


「心だけは冷やしてはいけない。
いつでも温かくしておくのさ。」
おばあちゃんの口癖だった。

「今日はいったい何杯飲んだだろう。
温かいスープを何杯飲んだだろう。」
そう呟きながら、おばあちゃんは毎日スープを作り続けた。

隣村から失恋した女の子が泣きながらやってきた。
「おばあちゃんのスープは本当に人の心までも温かくしてくれるの?」
おばあちゃんは、にっこり笑ってスープを差し出した。
スープを飲むと心がポカポカして、女の子は思わず笑顔になった。

ここの村人はおばあちゃんのスープを毎日かかさず飲んだ。
おかげで村人はどんなに寒い冬の夜でも、心だけは温かかった。

ところが村人はスープを飲み過ぎてしまい、
井戸の水、川の水は無くなってしまった。
おばあちゃんは困った。
しばらく考えて、大きな茶色い鍋をかついだ。
そしてまだ見たこともない海まで歩き出した。

何日もかかってやっとのことでたどり着き、
溢れてしまいそうな海を見て驚いた。
「どれだけのスープが作れるだろう?
どれだけの人に飲んでもらえるだろう?」
おばあちゃんは自分の持ってきた大きな茶色い鍋をとても小さく感じた。

「こんなに大きな海をたくさんのスープに変えられたら・・・」
そう言って砂浜から海へと歩いて行った。
海にありったけの塩を振りまいて、ありったけの胡椒を振りまく直前に、
かつてスープを飲ませてあげた隣村の女の子がやってきた。
「おばあちゃんがいなくなって村の人たちは凍えているわ。
みんな、おばあちゃんの帰りを待っているのよ。」
女の子はおばあちゃんの手をとって村へ連れて帰った。

海はまだ冷たく、塩の味しか付いていない。
しかし村人にとってはおばあちゃんが村にいてくれるだけで温かいのだ。



text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(0) |

残された泥だらけの靴


羊飼いの男が姿を消してから、もう300日が経とうとしている。
羊小屋の中には残された30頭の羊が「メーメー」鳴いている。

男の生活はいつも決まりきっていた。
太陽が昇ると目を覚まし、羊を連れて山へ行く。
お腹が空いたら、チーズを食べてミルクを飲む。
太陽が沈みかけたら、羊を連れて家へ帰る。
外が暗くなれば、月を見て目を瞑る。
ただ、星の綺麗な夜だけは夜更かしをしたが。

男は時計を持たない。
時間も知らなければ日にちも知らない。
けれども何ひとつ困る事はなかったし、幸せな生活だった。

ある朝、1頭の羊が小屋から逃げ出してしまった。
男は慌てて追いかけた。
靴も履かずに追いかけた。
それはまるで羊が羊飼いの男を導いている様だった。

気が付くと男は見たことも無い都会の中にいた。
街の真ん中には大きな時計塔があった。
街の人々はその時計に動かされているかのように
それを見ては慌てて働き、それを見ては慌てて眠りについた。
都会では、太陽も月も星も何の役にも立たなかった。
男は可哀相で見ていられなかった。

ある夜、男はこっそりと時計塔によじ登り、時計の針を止めた。
時計を見た街の人々はどうしていいか分からなくなってしまった。
けれども少しずつ自分らしさを取り戻した。

それから男は夜になると、こっそりと時計の針を止め歩いている。
あなたの街の時計の針が止まった時こそ、
羊飼いの男が自分の家に帰れる時かもしれない。

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(2) |

仕立て屋の恋


「私のシャツのポケットを縫い閉じて。」
「そんな事したら思い出が消えちゃうよ。」
「私は何も持たないの。」
寂しげな彼女はそう言い、一枚の絹のシャツを残していきました。

仕立て屋の主人は手が進みませんでした。
何かポケットに入れられるものはないかと考えました。

考えているうちにも針は進んでしまい
朝の日差し、珈琲の薫りとトーストの匂い
針箱や指革の匂い、雨の音や夜の匂いも一緒に
一針、一針ポケットに縫い閉じられました。

仕立て屋は彼女に惹かれていました。
最後の一針に仕立て屋のそんな気持ちも詰まりました。

シャツを着た彼女は気付きました。
縫い閉じられたのは左胸のポケットだけではなく
心までも仕立て屋の主人に縫い閉じられてしまっている事に。

、、、、仕立て屋の主人と糸で結ばれた彼女の話。

ベルリンの仕立て屋を見て思いついたいたずら話。
写真はその仕立て屋のお直し表。

text by : tetsuya



| つくりばなし | comments(0) |

海に落ちた初恋


海の水を「恋する水」と偽り行商する詐欺師の話はどうでしょう。

「雪の下には何があるんだろう。」
詐欺師の3才になったばかりの息子は、
雪を掘り、濡れた革の手袋を小さい息で温めながら聞きました。
「雪の下には広い海があるんだ。」
詐欺師はそう答え、残り一本のマッチで煙草に火をつけました。

ここは一面真っ白な雪の街です。
詩人にとっては、真っ白な原稿用紙になります。
インクの染みた雪は、詩人の苦悩なのでしょう。
画家にとっては、真っ白なキャンバスにもなります。
画商は、絵の具のついた雪を辿り歩きます。
この街の人は毎日、夜になる時間を楽しみに待っています。
夜になると月の明かりが、街をレモン色に変えてくれるのですから。

しかし、いい事ばかりではありません。
”熱くなりすぎる”と、地面の雪が溶けて、海に落ちてしまうのです。

ずっと好きだった女の子に14才の少年はポケットから手紙を渡しました。
「すきだ。」とだけ書いてありました。女の子は真っ赤になりました。
そして夜空を見て恥ずかしそうに少年はいいました。
「きれいな星を好きなだけ君にプレゼントしたい。」
女の子は胸が熱くなり広い海に落ちてしまいました。
たくさんの星と一緒に。

海にいるヒトデは女の子の星なのです。
"海星"と書いて”ヒトデ”と読むのはこのせいです。

「パパ素敵。」
詐欺師は息子のこの言葉に胸を熱くして海に落ちました。
きっと、また両手いっぱいの「恋する水」を汲み上げてくるのでしょう。

(雪の日のチェスキークルムロフ城からの眺め)

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(0) |

ラブレター


何という事でしょう。
メリーゴーラウンドが回り続けてもう一年も経つのです。
一定のリズムを刻みながら上下に揺れ、休む事を知らず回り続けているのです。
怪力の男が力づくで押さえてもメリーゴーラウンドは回り続けます。
また、回り続ける12頭の馬を12人の怪力の男が1頭ずつ押さえましたが、
押さえきれずに、それどころか12人の男は
うっかり馬にまたがり騎乗し始めてしまう始末です。

「ポキッ」
鉛筆の芯が折れましました。
少女(リリー)は慌てていました。
なぜなら、もう少しで一日が終わってしまうから。
「今日も手紙が書けなかった。」
時計の針は12時を指しました。
リリーは時計が嫌いでした。

リリーの好きな人は馬丁の少年でした。
乗馬の世話や口取りをする仕事です。
リリーは毎朝、少年が馬を走らせている姿を部屋の窓から見つめていました。
いつの間にか、馬にまたがる少年の姿に惚れてしまっている
自分に気がつき、手紙に気持ちを打ちあけようと思いついた訳です。
もちろんリリーは、少年の名前も馬の名前も知りません。
リリーは勝手にその馬に、
「キスール シアター」
と名付けたのでした。

「時計なんていらない」
リリーはそう言って、
大きい柱時計に思いっきり消しゴムを投げつけました。
「時計なんてなければ時間に支配されなくてすむわ。」
朝露の中にうっすら浮かぶメリーゴーラウンドを指さし、言いました。
「今日からは、あの12頭の馬が私の時計。
あの馬が回り出したら一日の始まり。
あの馬が止まった時は一日の終わり。」

メリーゴーラウンドは回り始めました。
「今日こそ気持ちを打ちあけなくちゃ。」
馬丁の少年に宛てた手紙を書き始めました。
リリーは丁寧に丁寧に自分の心を打ちあけ始めました。

今日、馬丁の少年は騎手になる夢を追いかけて
遠くの街へ旅立ってしまうのです。
だからリリーがルー(少女が馬丁の少年に勝手につけた呼び名)に
ラブレターを手渡すまではメリーゴーラウンドは止まらないのです。

リリーは呟きました。
「アターシ ルースキ」

(ウィーンのベルベデーレ宮殿にてこんな初恋のお話を思いつきました。
実際に見たメリーゴーラウンドは回りませんでした。)

text by : tetsuya 
| つくりばなし | comments(0) |

3人の小さな星


星が好きな内気な女の子が言いました。
「私の好きな一番小さな星へ出掛けてくるわ」
女の子は飛行船に乗り込みました。
「私は、あれだけたくさんの星の中から1つだけ好きな星を選べるのですから
その星からあなたたちをを眺めていればきっと1番好きな人を決められるわ。」
そう言って、飛行船はみるみる小さくなって消えていきました。

女の子は3人の衛兵にプロポーズされたのです。
女の子は戸惑いました。
なぜなら、全く同じ格好の3人に全く同じプロポーズをされ
全く同じ3本のバラを手渡されたのですから。

3人の衛兵は幼なじみでした。
子供の頃から、3人が3人の真似ばかりしていました。
1人が馬の刺繍の入った焦茶色のハイソックスを履いていると思うと
3人とも同じ馬の靴下ですし、
また1人が馬の刺繍が丁度良い具合に覗く、
黒皮のハイカットの紐靴を上品に合わせたと思うと
また3人とも同じ革靴を履いています。

かくれんぼをすれば、1人が鬼になると3人とも鬼になり、
1人がかくれると3人ともかくれているといった具合です。

3人の幼なじみは衛兵になりました。
そんな3人ですから、プラハ城の窓から望遠鏡を覗いて星を見つめていた
1人の女の子に同時に恋に落ちても不思議ではありません。

女の子が星に行ってから、夜になると3人は一番小さな星を眺めています。
女の子が流れ星に乗ってもっと遠くへ行ってしまったとは知らずに。

(プラハ城の衛兵の後ろ姿は、少しだけ寂しそうでした。)

text by : tetsuya
| つくりばなし | comments(1) |
| 1/2PAGES | >>